診療内容

矯正治療

矯正歯科(歯列矯正)治療とは、歯の位置を動かし、歯並びや噛み合わせを治す方法です。専門の矯正装置を使用して歯を正しい位置にゆっくりと動かしていきます。矯正治療をすることで歯並びや噛み合わせがよくなるだけでなく、虫歯や歯周病の予防にも有効です。

当院では患者様のお口の状態やご要望に合わせて、さまざまな矯正治療をご選択いただいております。

表側の目立たない矯正

当院の治療では表側の装置になるべく目立たない装置を使用しております。ダイレクトボンドシステム(DBS)と呼ばれる矯正歯科治療用ブラケットを直接歯面に接着する方法を採用しています。

インビザライン(マウスピース矯正)

インビザライン(マウスピース矯正)

装着しても付けていることがほとんど分からない、取り外し式の透明なマウスピースタイプの装置「インビザライン」を当院では採用しております。

歯型を採り、定期的に装置を交換していく方法です。

不正な歯並びを治療するため、患者様お一人おひとりにカスタムオーダーで製作されます。少しづつ歯並びの状態を変化させていくマウスピースを数週間ごとに新しいものに取り換えながら、徐々に歯を動かしていきます。

ちょっとした前歯の傾きを治したい、軽度の不正な歯並び、部分的に治したい、…等々、ご要望にお応えしております。

インビザライン(マウスピース矯正)

通常の矯正装置におけるワイヤーを使用しないため、従来の矯正器具に比べ、見た目は付けているのがほとんど気付かれず分からないほどです。

インビザライン矯正の利点

  • 自由に取り外し可能(装着時の不快感軽減)
  • 食事や歯磨きの邪魔にならない
  • ポリウレタンなので金属アレルギーの心配がない
  • 透明感があり、装着していても目立たない
  • 歯の印象採得(型どり)が1回で済む
  • 他の矯正治療法に比べて通院回数が少ない

インビザライン矯正の欠点

  • 重度のデコボコの歯並び等は難しく、治療可能な症例が限られる
  • 1日に20時間以上は装着しないと、歯の移動の効果が得られない

インビザラインが出来ないケース

インビザラインによる矯正治療は、できる症例とできない症例があります。

  • 歯並びが重度に凸凹・がたがたに生えているケース
  • 歯並びが大きく乱れ、歯の移動距離が長いと診断されたり、歯根の移動を必要とされたりするケース(ワイヤーによる矯正と併用することで可能な場合もあります)。
  • アゴの骨格にズレがある場合
    上と下の顎の位置に前後・左右のズレがある場合
  • 前から7番目の歯(親知らずの手前の奥歯)が生えていない場合
    インビザラインによる矯正治療は子供でも可能ですが、第2大臼歯と呼ばれる、前から数えて7番目の奥歯(親知らずの手前の奥歯)が生えていない状態では治療が行えません。

個人差はありますが中学生以降になれば、第二大臼歯が生えていることが多いため、インビザラインによる矯正が可能です。

ワイヤー矯正との併用治療

マウスピース矯正インビザライン

インビザライン(マウスピース矯正)

歯の移動距離を長くしなければいけない場合、歯根の向きを変える必要がある場合でも、ワイヤー矯正を併用することで、インビザラインでの矯正治療を行うことができます。

歯根を動かす必要がある段階ではワイヤー矯正を、それ以外の段階ではインビザラインを使用します。ワイヤー矯正のみで治療するよりも、併用することで治療期間を短縮できる場合があります。

部分矯正(プチ矯正)

プチ矯正は全体的におこなう矯正歯科治療よりも短い期間で、費用も安く行なうことができます。軽度の不正な歯並びの方が適応となります。お口の状態により、難しい場合もありますが、お悩みの方は、ぜひ一度当院へご相談下さい。

プチ矯正(部分矯正)とは?

部分的に歯並びの不具合を改善する治療の事を言います。

装置は普通の矯正歯科治療で使用するものと同じなのでしょうか?

ブラケットと呼ばれる通常矯正で使われる表側につけるものを使用したり、(それに抵抗のある患者様は)マウスピースを使って治していく方法も行います。

プチ矯正ではなぜ短期間できれいな歯並びを獲得することができるのでしょうか?

個人差はありますが、大体、通常矯正では約2年、部分矯正は約3~6ヶ月くらいです。部分矯正はその名の通り部分的に矯正歯科治療を行うので、期間が短くてすみます。特に前歯に関しては、奥歯に比べると移動しやすく、かみ合わせの調整もあまり時間を要しませんので、比較的早く治療が終了します。

料金はどれくらいですか?

当院では、片顎18万円より行うことができます。

料金

矯正歯科の手術代・費用に関しまして、詳しい金額は直接医院にお尋ねください。

(※表示価格はすべて税別表記です)

診断料CT代(必要な場合)

診断料 CT代(必要な場合) 診断料 CT代 ¥30,000

外科的処置

外科的処置 外科的処置 ¥80,000
外科的処置(抜歯)1歯 ¥2,500

プチ矯正

プチ矯正(片顎) プチ矯正 ¥180,000
プチ矯正用ホワイトワイヤー(片顎) ¥30,000

DBS(ダイレクトボンドシステム)

上顎 DBS(ダイレクトボンドシステム) ¥350,000
下顎 ¥350,000

リンガルアーチ

上顎 リンガルアーチ ¥120,000
下顎 ¥120,000

破損(状況に応じて)・紛失した場合は正規費用の半額を負担して頂きます。

床矯正

床矯正 床矯正 ¥80,000

破損(状況に応じて)・紛失した場合は正規費用の半額を負担して頂きます。

クワドヘリクス

クワドヘリクス クワドヘリクス ¥150,000

チンキャップ

チンキャップ チンキャップ ¥150,000

破損(状況に応じて)・紛失した場合は正規費用の半額を負担して頂きます。

リテーナー

リテーナー(片顎) リテーナー ¥20,000

調整料

調整料(検診→チェック PMTC料) 調整 ¥5,000×回数

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

診断料CT代含む ¥50,000
抜歯1歯 ¥2,500
マウスピース型矯正装置(インビザライン) ¥750,000
上顎DBS(併用時) ¥100,000
下顎DBS(併用時) ¥100,000
調整料 ¥5,000×回数


トップに
戻る