インプラント治療

静脈内鎮静法(痛みの少ない治療が可能に)

当院では、麻酔認定医との連携で眠っている間に治療を終える、痛みの少ない治療を行っています。

静脈内鎮静法による麻酔は、歯科麻酔専門医が精神安定薬を注射して「意識はあるけれど眠い状態」で歯科治療や口腔外科手術を受けていただくとても安全な麻酔です。

全身麻酔のような危険や入院が必要なく、インプラントの手術後すぐに意識が回復するため、30分程度で帰宅していただけます。

強い嘔吐反射や歯科治療、インプラント手術に対する緊張や 恐怖心のために歯科治療が受けられない方にとても有効です。

歯科麻酔専門医が血圧や心電図、呼吸状態を絶えず見守りながら、必要に応じて対応を行いますので、高血圧などの病気をお持ちの方も安心して治療を受けていただけます。

生体情報モニター

酸素ボンベ

リカバリールーム(回復室)を設置

歯科麻酔専門医の麻酔のあとは、こちらのお部屋でお休みいただきます。

また、インプラント手術は通常の虫歯や歯周病の処置と異なり患者様にとっては少なからず緊張する処置ですので、インプラント手術後に患者様がゆっくりとお休みいただくお部屋です。


トップに
戻る